妙義観光情報」カテゴリーアーカイブ

お菊の墓

今回は、妙義にある「お菊の墓」に行ってみました。

番町皿屋敷で有名な「お菊」ですが、どうも諸説有るようでして、

各地に「お菊の墓」とされるものがあるようです。

どこが原書であるかわからないようなので、各所で話を発展させて怪談が伝承されているのですね。

旧妙義町にも「お菊の墓」がありまして、史跡として妙義町中里という地区に残されています。

3

「お菊の墓」はお越しの際に見ていただくとして、生家とされるものも残されています。

2
※外観の損傷があり、補強されています。

1
という説明看板がありました。
※「お菊の墓」の隣には、「お菊の母の墓」もありました。

ちょっとわかりづらいので、下の写真を目印にお越しください。
4

「お菊の墓」は地域の方々の支援で、現在の形で残されています。
地域の方のご尽力に感謝致します。
観光でお越しの際にはちょっと立ち寄ってみてもいいかもしれません。

妙義山登山紹介

G.Wを利用して妙義山登山を行ってみましたので、ちょっとご紹介致します。
観光の参考として掲載します。

※妙義山は険しいので、手袋・動きやすい服装等、準備をお願い致します。

まずは、妙義神社横の登山道から登山開始。

(知らなかったんですが、妙義神社からの登山は、上級者コースですので
特に険しいようです。)

14

登り始めましたが、急勾配でして、登山途中の写真を撮る余裕がありませんでした。

チェーンを使う登山を体験しつつ、約1時間、大の字に到着。

11
※安中方面の風景です。

8
※富岡方面の風景です。

G.W期間中にて、登山者の方が多く、また、大の字が設置してある岩の面積が広くないため、
限られた写真しかとれませんでした。

再度登山を開始しました。

途中の奥の院にて撮影

6
※奥の院内の風景は、実際に登山を行って頂き、ご覧下さい。

ここから白雲山見晴を目指す予定でしたが、時間の関係もあり、下山を行いました。
いままで苦労して登ってきた道を戻るのも一苦労です。

何とか無事下山しまして、ゆっくり登山を行った為、約3時間半程度の所用時間でした。

登ってみて感じたことは、やはり安易には登れない山なのだということです。
ですが、急勾配を登って到達する楽しみも味わうことができますので、
機会がありましたら一度は登ってみて下さい。
いつかは白雲山頂をめざしたいと思います。

季節の風景です

商工会館前の富岡市役所妙義支所の敷地に

枝垂桜が咲いてるので撮影してみました。

しだれさくら

春を感じさせる、のどかな風景を提供してくれています。

この地区は、枝垂桜が沢山有りますので、お越しの方は、注目してもいいのかもしれません。

巡回した際にいろいろ撮影してみようと思います。

白い妙義山

久々の更新でございます。

ここのところの寒さで、妙義山には雪が降りました。

妙義山だけ別世界のようです。

寒さが本格化してきたのだと実感します。

12月の妙義山の景色として掲載します。

妙義山4

妙義山の見どころ 資料

富岡市 様から承諾を得まして、妙義山の見どころ、

登山マップを閲覧できるようになりましたので、

リンクを掲載します。

広大な妙義山周辺がわかりやすくまとめられていますので、

観光をお考えの方は、ぜひ、ご覧ください。

※画像はPDFです。(1.6M)
※リンク先が開けない場合は、
「富岡市役所HP」→「右上の観光情報」→「左下の観光パンフレット」→
「妙義山のみどころ、妙義山登山まっぷ」
とクリック下さい。

妙義山の見どころ
妙義山登山まっぷ

台風通過後の妙義山

本日の台風はすごかったですね。

台風通過後は日差しも明るくなったので、妙義神社周辺へ足を運び、

撮影してみました。

紅葉にはまだまだですが、散策を行うには最適な気候となりました。

ウォーキング等の候補地として、妙義神社や妙義山をお考え頂ければと思います。

2

3

きょうの妙義山

妙義地区内の通知配布途中にあちこちで撮影。

いつ見ても、険しく威風堂々としています。

IMGP0243

登山にご興味がある方は、安全な恰好や事前準備をお願い致します。

IMGP0242

またの機会に、妙義山について掲載したいと思います。